日経平均の6時間法則の発見

相場の地合いが弱く、日経平均が寄り付きから下落し始めて終値まで単調に下落した日、夜のニューヨークが大きく下落して返ってくると、翌朝の株価も朝から下落して、いつまで下げるのだろうと不安になることがある。そんな時、株価の値動きをカレンダーに書き込んでいて、あることに気がついた。前場は下落するが、後場から上昇に転じる日が多いのである。
逆に、朝から株価が上昇して、終値まで終日上昇した日、その夜のニューヨークも大きく上昇して返ってくると、翌朝の10時ぐらいまでは煽られて続伸するが、その後は息切れして下げる日が多い。
このことは、日経平均はいつまでも単調に上昇したり、下落したりするのではないということを示している。では、いったいいつまで続くのか。それを調べていて、だいたい取引時間で5〜6時間経つとピーク、または底値になるということがわかった。つまり、最長でも6時間しか続かないというわけである。
 2007年の年末から2008年の始めにかけて、株価は大きく下落した。この時、2007年12月29日の午後2時過ぎから日経平均は下げ始めた。翌12月30日は大納会で、前場2時間の取引時間だったが、終始大きく下落。年を越した2008年1月4日の大発会も前場2時間終始下落。しかし、下げ始めてまだ5時間しか経っていない。週明けの1月7日も寄り付きから下落し、9時半を過ぎたところでようやく底を打った。つまり、2年越しの計4日間にわたって6時間法則が成立してしまったのである。私はこれを見て、6時間という取引時間の長さこそがこの現象の本質であると確信した。
 その後、この6時間法則は、非常に高い確率で成立し、日経平均先物や相場全体の値動きを予想するのにかなり役立った。そろそろ底値だ、あるいはピークだと読めるようになったのである。
アメリカのサブプライムローン問題に端を発し、リーマンブラザーズの経営破綻で一気に世界金融危機に見舞われた2008年10月、日経平均は10月2日から下落を始めた。しかし、翌3日も下げ止まらずに単調に下落して、6時間法則は破れた。もともとこれは経験則でしかないから、成り立たないこともあるが、6時間法則が成り立たないこの相場は異常だと思った。そして、この異常さは、100年に一度と言われる、理屈の通らないとんでもない暴落相場になった。これを「ブラックオクトーバー(暗黒の10月)」と呼んだ人もいた。確かに、トータルの下落率は「ブラックマンデー」の比ではない。しかし、日経平均は、10月27日に一瞬の7000円割れで底値を打ち、とりあえずリバウンドした。この時、7000円割れの底値からの上昇は、やはり6時間法則の予想通りにピークとなり、相場は正常に戻ったのである。

最終更新日: 2008年11月1日