10万円のケンタッキー優待券

 日本では、3月期決算の会社が最も多い。だから、毎年3月25日や中間配当のある場合は9月25日前後の権利落ち日とその前日の最終権利付き日は、その配当や株主優待の権利を巡って様々な攻防が繰り広げられる。
 配当や株主優待の権利は、最終権利付き日の大引けの段階で現物株を持っている場合に与えられる。信用買いの場合や、最終権利付き日の夜間取引で現物株を買った場合には、これらの権利は受けられない。だから、最終権利付き日の朝には、寄り付きで現物株を買おうという買いがたくさん入って値上がり、それからジリジリと値下がりする銘柄が多い。これを逆手にとって、その前日の大引けで買うとか、逆に寄り付きで空売りをいれるという手口もある。

 例えば、最終権利付き日の終値が10万円だったとしよう。この時に配当が1000円だったとすると、権利落ち後の理論価格は99000円となるので、翌朝の権利落ち日の基準価格は99000円となり、値幅制限も80000〜120000円ではなく、89000〜109000円となる。従って、権利落ち日の株価は、理論的には前日より1000円ぐらい安くなるはずである。しかし、実際には、これよりも大きく下げる場合が少なくない。なぜなら、配当狙いで買った人にとって、既に1000円の配当を獲得した現物株にはもはや保有している意味がないので、権利落ち日の朝には、この現物株が一斉に売られるからである。しかし、1000円の配当を獲得しても株価が1000円以上値下がりすれば、逆に損になるというものだ。これが権利落ち日の怖さである。
 この権利落ち日の値下がりは、日経平均の値下がりとなってはっきりと現れることも多い。特に3月と9月の権利落ち日は顕著である。業種別では、食品関係の株主優待がある銘柄が大きく下げる。これを逆手にとって、前日に空売りを入れるという手口もポピュラーである。空売りした場合、配当落ちに相当する金額は、後で調整金という形で口座から引き落とされるが、配当と金利手数料の金額より値下がりすれば儲けになるわけである。
 株主優待を取りたいが損をしたくない場合は、現物株1株と空売り1株を同時に入れるフルヘッジという方法がある。これなら、権利落ち日にどう値が動こうが、同時に返済すれば金利手数料だけの損で済む。返済のタイミングをうまくずらせば、儲けにすることも可能だ。大幅な値下がりを予想して、空売りの方を多くするオーバーヘッジも有効である。
 空売りできる銘柄の場合は、権利落ち日に返済買いが入るので、あまり大きく下げないが、空売りできない銘柄の場合は悲惨な目に会うことが多い。特に食品関係の銘柄では、株主優待狙いで買う人が多いので、権利落ち日の朝に圧倒的に売られ、権利落ち価格以上に値下がりして、結果的に大損になってしまうのである。かつて、5000円の株主優待券を狙って100万円以上していたケッタッキーの株を買ったら、権利落ち日に10万円も値下がりしてしまい、10万円で5000円分のフライドチキンを食べるハメになってしまったのである。
 では、何でもかんでも空売りすればいいのかというと、そうでもない。実はそこには逆日歩というとんでもない落とし穴が待ち受けている。空売りが多くなって日本証券金融などが売り方に貸し出す株が足りなくなると、不足分を証券会社などから借りてくる必要に迫られる。この時に空売りに課せられる金利が逆日歩である。この時、信用買いしている方は逆に逆日歩を受け取ることになる。逆日歩は、入札で決まるので、いくらになるのかはすぐにはわからない。逆日歩は、普段はあまり大きな額ではないのだが、時にはとんでもない額になることがある。権利落ち日における江崎グリコや不二家などの人気菓子メーカーがそうで、例えば平成20年3月25日の不二家の逆日歩は1株12円にもなった。権利落ち日が火曜と水曜になった場合には、受け渡し日が週末をまたぐために金利が4日分になり、そうでない場合よりも高くなるのである。3月25日の不二家の終値は157円で、翌日の始値は5円安であった。従って、大引けで空売りして翌日の寄り付きで買い戻すと、7000円損することになる。また現物を持ち越しても5000円の損となり、従ってフルヘッジすると12000円も損するのである。これでは株主優待券の額をはるかに上回ってしまう。
 もちろん、すぐに売らないで株価が戻るのを待つという手もある。しかし、それ以来、株主優待を狙う時は、必ず大きな逆日歩のつきそうにない空売りできる銘柄に絞ってヘッジするというスタイルに変わった。