株式投資の基本

 株式投資とは、元本が保証されない、すなわち損をするリスクのある資産運用である。これに対して、国債などの債権や預貯金は、元本割れのリスクのない資産運用である。

 株で億万長者になった人もいるが、個人投資家の多くは損をしている。一時は儲けることができても、株価はいつまでも上昇し続けるわけではないので、その調子で続けていると、そのうちにそれ以上の損をして、ついにはスッカラカンになってしまうのだ。
 その理由の一つは、株式投資は株価予想ゲームであり、情報戦なので、リアルタイムで圧倒的な量の投資関連情報が入手できるプロの機関投資家とは、明らかにハンディキャップがあることである。また、別の理由は、個人投資家は、自己の営業成績を優先させる証券会社の担当者の餌食にされてしまっていること、すなわち株価が高い時に買わされて、そのままジリジリと下げても放っておかれることによって損失を被るのである。機関投資家は、個人投資家に高値で株を買わせて儲けることよりも、大量の空売りを出して株価を下落させ、含み損を出した個人投資家に安値で投げ売りさせることによって利益を得ることを得意としている。
 このように、株価は、大量の資金を持っている機関投資家によって、やすやすと都合のいいように操作されてしまう。そのような例は、村上ファンドによるニッポン放送や阪神電鉄株の大量買い付けなどに見ることができる。このような山賊の徘徊する株式市場に無防備な個人投資家が参入しても、身包みをはがれておしまいになる危険は十分にある。

 では、こんな危険なマーケットに個人投資家はどうやって参入したらいいのだろうか。その答えの一つは、決して儲けることばかり狙わず、宝くじを買うように、少し損してもかまわないという姿勢で臨むことである。かつて、「ふるさと創生1億円」を全て宝くじにつぎ込んだバカな自治体があったが、自分の全財産を宝くじにつぎ込む人はいないだろう。
 もし株を買った会社が倒産したら、その株券は紙くずになってしまうことは言うまでもない。それが自分の全財産なら破産である。一度でもそんなことがあってはならないのである。だから、いくつもの銘柄に分散して投資して、全滅しないようにするのだ。これがポートフォリオである。
 配当や株主優待を狙うというのも一つの方法である。これについては、権利落ち日とその前後の値動きというテクニカルな面があり、長期保有を前提としない場合は、損をする危険が高いことを注意しなければならない。
 運用する資金は、自己資金に限ることが基本である。個人投資家のために、銀行はお金を貸してはくれない。他人名義で開かれた口座の資金を運用することは、借名取引という違法行為である。他人のお金を運用するには、機関投資家などの「プロの資格」が必要である。

 財団などの公的資金を運用する機関は、基本的に預貯金や債権などの元本割れのリスクのない方法でしか資金を運用できない。株式に投資できるのは、基本的に個人や民間企業、銀行、証券会社、投資ファンドなどである。公的資金が株式で運用されているものとしては、年金資金が有名であるが、その額はあまりにも膨大で、全てを市場で換金しようとすると、株価の大幅下落を招くという、自分で自分の首を絞めてしまうジレンマを抱えている。だから、大量の資金を運用する機関投資家は、現在の株価を維持するためには、決して株式投資から撤退することができないのである。個人投資家は、こんな機関投資家が動かしている株式市場の海流の中をうまく泳いでいくしかないのである。