株式市場と証券会社

日本には、東京・兜町に東京証券取引所という大きなマーケットがある。ここは、ニューヨークやロンドンなどと並ぶ世界有数のマーケットの一つである。石造りの古い建物であるが、テレビにもよく登場し、見学コースもあるので、平日9時から3時のザラバ中に見学すると、いい勉強になるだろう。私がある年の大納会を見に行った時には、宇宙飛行士の毛利衛さんがゲストに呼ばれていた。
 日本には、東京、大阪、名古屋、札幌、福岡、ジャスダックという6つの証券取引所がある。各企業の株式は、これらの証券取引所のどこでも取引きできるわけではなく、それぞれのマーケットの上場基準に適合して、上場している証券取引所でのみ取引きができる。複数のマーケットに上場している銘柄もあるが、その場合には各証券会社で取引の多いマーケットを選んで優先市場というものを設けている。
 取引時間は、前場は午前9時から11時まで、後場は午後0時30分からである。終了時刻は、東証とジャスダックは午後3時まで、大証は3時10分まで、名古屋、札幌、福岡は3時30分までである。
 取引の量は、東証が圧倒的に多く、名古屋、札幌、福岡はとても少ない。地方の証券取引所が、東証での取引終了後も開いているのは、この時間に少しでも投資家を呼び込むためと考えられるが、実際にはヘラクレスタイムと呼ばれる3時から3時10分までの時間の大証での取引以外は、あまり取引がない。大証は東証に対抗しているマーケットで、東証と大証に重複上場している銘柄も多いが、実際には大証での取引は少なく、大証での上場を取りやめた銘柄も多い。
 夜間取引市場は、これらとは別のプライベートなマーケット(PTS)で、現物株のみ取引できる。
 
 株式の取引は、投資家が直接証券市場で行うわけではなく、証券会社を通して行われる。この時の手数料が証券会社の大きな収入源である。最大手の証券会社は野村證券であるが、ネット証券の最大手はイートレード証券である。ネット証券は、投資家が証券会社の担当者を介さずにインターネットや携帯電話で直接注文を出すため、人件費が少なくて済むことから、手数料が安い。このため、一日に頻繁に取引するデイトレーダーが多く利用している。しかし、2006年のライブドアショック以降、新興市場の株価が低迷してネット証券を利用していた個人投資家の取引が減少し、ネット証券各社の業績は悪化している。