追い証の強制決済

信用取引で買った株の価格が大きく下落し、評価損が大きくなって、必要な保証金が不足すると、追い証という資金を追加する必要に迫られる。それを怠ると、強制的に信用の建て玉を返済されることになる。これを強制決済という。
 2007年の年末に始まった世界同時株安は、ほぼ1日置きにニューヨークダウが100ドル以上の大幅下落を繰り返すというペースで続き、東京市場では1月4日の大発会が日経平均616円の大幅下落で始まって以降、1月16日に468円、1月21日に535円、翌22日には753円という信じられないような大幅下落の連鎖となって世界市場を駆け巡った。原因は前年7月に始まったアメリカのサブプライムローン問題の世界的波及とアメリカの景気低迷にあった。
 この間、各国政府は手をこまねいていたわけではなく、アメリカFRBは数度にわたって金利引き下げを行い、ブッシュ政権もサブプライムローンの返済繰り延べ策や減税を発表したが、市場は一時的には好感して上昇するものの、欧米の大手金融機関が巨額の損失を発表するたびに、「ジジ抜き」のジジがどこにあるのかわからないような不安心理が市場に漂って、たびたび大きく下落した。
 1月22日の大幅下落は、アジアの新興国の市場も直撃し、インドではザラバの取引が一時停止されるなどの事態に至った。これを受けて、アメリカFRBは、22日のアメリカ市場が開く前の早朝に0.75%の緊急利下げを発表した。しかし、アメリカ市場は反応が鈍く、なお190ドルの下落となった。実は、このような大幅下落は、利下げを促すように市場関係者が仕組んでいるのだという人もいる。
 一方、東京市場は、この利下げを好感して、翌23日は朝から大きく上昇し、一時は500円近い反発となった。しかし、後場は反落した。その理由のひとつは、追い証の強制決済である。前日と前々日の終値が大きく下落したため、前日の資産評価額が減少して追い証が発生したのに、前場でその補填をしなかった人の建て玉が、後場の寄り付きで強制的に売られたからである。このように、追い証の強制決済が発生して後場の寄り付きで下げるという現象は、何日も前から続いていたため、今日もきっと起こるであろうというという予想の下に、前場の大引け前に日経平均先物を12985円で空売りしたところ、後場の寄り付きでいきなり200円も下落して、12775円で返済買いしすることができた。後場でのこれほど大きいギャップダウンは、あまりない。
最終更新日: 2008年1月23日